日々思ふこと(教育改革編)

教育に関して綴って参ります

教育現場を破壊しているのは一部の保護者とその子供

| 0件のコメント

こんなことがもし現場でまかり通っているのであれば、保護者がきちんと見ていくしかないだろ。
なんでもかんでも体罰、暴力とすることで、躾さえできないっていうのであれば、こういう子供達が当然できる。
そして彼らが大人になった時に、まともではない意見がさらに大きくなってでてくる。

(18)「ターイバツ、ターイバツ」の連呼が響く教室 苦悩する教育現場
2013.2.18 11:00 (1/2ページ)[westセレクト]

 これまで紹介した意見では、体罰に頼るスポーツ指導について「教育者としての敗北だ」という指摘もあった。これに対し、岡山市の公立中学校の男性教員(30)は、生活指導上の体験をもとに「『体罰は教育者として敗北』というのには、違和感を覚えています」とつづっていた。

 「廊下を自転車で暴走する、エアガンを友達に向けて撃つ、力の弱い女性教師を押し倒す…。最近私が遭遇した学校現場の光景です。この現場を見たとき、生徒に切々と訴えるだけでその行為を辞めさせられるでしょうか」

 男性教員は、スポーツ指導でチームを強くするために体罰を加えるのは「暴力やパワハラで許されない」とした上で、「ときとして、体罰は教育者としての責任になると信じている」と記した。

 学校教育法上「体罰はいかなる場合も行ってはならない」のが原則だが、文部科学省が平成19年2月に都道府県教委などへ出した通知では、教員への暴力に対する防衛や、ほかの生徒に被害を及ぼす暴力を制止するなど「目前の危険を回避するためにやむを得ずした有形力の行使」は、体罰に当たらないとしている。

 しかし、どこまでが認められる有形力で、どこからが体罰なのか。実際の教育現場では判断が難しい場面も少なくないという。

 静岡県の高校教員の男性(26)は、大阪市立桜宮高校の問題が発覚して以降、ささいなことでも生徒たちが「体罰だ、体罰だ」と口を出し、きちんとした指導が行き届かない状況があることに触れていた。

 同様の指摘はほかにもあって、先生がちょっと怒っただけでも「ターイバツ、ターイバツ」と連呼するクラスがあるという話も。戸惑いながら生活指導にあたっている先生たちの様子が浮かぶ。

 「一番懸念するのは、先生たちが問題ある児童生徒の担任を避けることです」。山口県の公立小学校教員の意見だ。問題行動を起こす児童や生徒に対する生活指導は苦労が多い。必要な指導であると確信した行為だったとしても、それが「体罰」として露見すれば処分対象になる。

 この先生は指摘している。「誰しも火中の栗を拾って自分の評価を下げたくない。特に小学校では高学年の学級担任は生徒指導上の問題も複雑になり、仕事は大変になる。これからは高学年の担任を希望しなくなるのではないか」

(か)

もし最初のところが事実だとして、それを「暴力」を持って止めたとしても、私は全力でその教師を守るよ。
先に宣言しておく。
まともじゃない犬、猫レベルでしかない奴を躾するのに、少々叩いたりする程度でわいわい騒いだりしないわ。
むしろそれでがたがた言ってくる保護者を保護者のラインで学校を守るわ。

マスコミで多少誇張が入っているのかもしれないが、学校現場でこういうことがあるだろうというのは、少しだけ予想できる。
それこそ学校ごとの評議会で、きちんと対処してみてはいかがか?

自分の子供が何をしたのか先に考えてから発言すべきであろう。
自分の子供は間違ったことをしない、子供だから許される・・・どっちもありえないことだと考える。

コメントを残す

必須欄は * がついています