日々思ふこと(教育改革編)

教育に関して綴って参ります

仲間のありがたさ

| 0件のコメント

独りで暮らすようになって、ふと自分だけの時にいろいろなことを考えてしまいます。
決してポジティブなものだけではなく、ネガティブなものも結構あったりします。
しかし、そういうものから引き揚げてくれるのは仲間だというのを再確認させてもらうことがいっぱいあります。

いつも親からも言われていることですが、つくづく生かさせてもらっているのだというのはこういう時にこそ感じるわけです。

先週は立石の地元の仲間と久しぶりに会って話をしました。
子供のことであったり、地元のことであったりするわけですが、少しは心配してきたんだな^^;なんて感じたものです。
本当にありがたいものだと感じます。

昨年引っ越してから青戸地区から新小岩北地区に移ったわけですが、そちらでのいろいろな人との再会などを果たし、旧交を温めたところからまた何かがスタートしそうな予感がしています。

そして今日は小P連ブロック時代の会長仲間が仕事の件で来て、仕事の件はわずか10分で残りは雑談状態で盛り上がってしまいました。

大人になってからこうやって仲間が増えたことは私にとっての財産だと思っています。

必要だと思ってくれている人がいるうちは、本当に生かされているのだと感じています。

ネガティブな気持ちを引きずってもなにもならないと感じ、前向きに生きられるようになったのもみんなのおかげだと思っています。
本当にありがたいものだと・・・

それに対して嘘をついてまで人を貶めようとする人もいるというのだから・・・困ったものです。

コメントを残す

必須欄は * がついています